フリーダイヤル: 0120-396-783 | Email: info@sakuratantei-shizuoka.com

ご相談は無料ですので、各種調査・防犯カメラ設置の事なら、
さくら探偵事務所静岡支社へお気軽にお問い合わせ下さい。


メールでのお問い合わせはこちら 24時間 365日受付

ストーカー・DV対策

全国の警察が2016年に把握したストーカー被害は4年連続で2万件を超え、前年比3.5%増の2万2737件に上りました。ドメスティックバイオレンスは6万9908件で前年比10,7%増と最多を更新し13年連続の増加となりました。


ストーカー被害者の88,8%は女性で年代別では20代が36%、30代25,5%、40代が18、8%の順。
加害者は20~40代が全体の6割を占め、60代が6,3%、70代以上も3%いました。
事件の摘発は過去最多の2605件。
内訳は、ストーカー規制法違反が769件で5年間で約2倍に増加しました。他に殺人1件、殺人未遂11件、脅迫363件、住居侵入345件などです。同法に基づく警告は3562件、禁止命令等は173件で、いずれも法施行後、最多となっております。
またDVの摘発も8387件と過去最多に上りました。内訳は殺人2件、殺人未遂100件、傷害2991件、暴行4409件となりました。

ストーカー被害2万2737件に対して摘発は2605件、DV被害6万9908件に対して摘発は8387件となっており被害報告に対して半分の摘発にも至っていないストーカー・DV被害の現状です。


ストーカー対策

ストーカー規制法が施行された現在でも、ストーカー被害が後を絶たず、年々増加傾向にあります。
その原因として物的証拠が得られない為、被害届を受け付けてもらえないという事が挙げられます。
当探偵事務所では、ストーカーや嫌がらせを行う人物を特定し、ストーカー行為の物的証拠の収集を行います。
また、ストーカー行為の人物特定を行った後は根本的な解決に至るまで責任をもってサポート致します。
今まで当探偵事務所にいただいたご依頼は、やはりご相談が早ければ早い程早期に解決に至っております。

・いつも見られているような視線を感じる。
・誰かに後を付けられている気がする。
・知らない人から荷物や手紙が届く。
・いたずら電話や無言電話が多い。
・就寝中に外で物音がする。

過去に交際していた恋人や友人がストーカーになるケースも珍しくありません。
何かおかしいと感じたらストーカーの存在を疑い、早めに対策を立てることが最悪な事態を回避する事になります。ご相談は無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。


DV対策

DV被害が中々解決しない理由の一つに、相談相手がいない、対策する手段がない、いつかは収まるだろうというお考えの方が過去にご依頼をいただいた方からのお声です。
ただ何も動かなければ暴力や嫌がらせはますますエスカレートするだけです。何もしなかった結果が最悪の事態を招くことも少なくありません。
DVは、警察に相談しても民事不介入の原則があり、解決するには大きな壁がたちはだかります。
とは言え、警察に動いてもらう事が解決につながる近道である事は事実ですので、その為に当探偵事務所が解決に向けてサポートさせていただくポイントが大きくわけて2つございます。


■ストーカー・DV被害を解決するための2つのポイント■


1つめのポイント:刑事事件として立証できる証拠を集める

ストーカーやDVは民事不介入の原則があり、警察もなかなか動けない状況にありますので、警察が動ける状況をこちらで作ることが1つめのポイントになります。それは刑事事件として立証できる証拠をそろえ、警察に動いてもらうことです。もちろん、警察への相談は忘れずに行ってください。


まずは証拠を集めた段階で、相手側と直接交渉を行います。
もちろん、ご依頼者様が希望される場合は、相手側との交渉を行わず、警察へ刑事事件として証拠の提出を行います。 相手側と交渉を行う場合は、念書の作成やボイスレコーダーによる録音等も行い証拠を残します。


【ストーカー規制法】

ストーカー規制法とは?
平成12年法律81号。ストーカー行為に対する処罰などの規制と被害者に対する援助を定めた法律。
正式名称は「ストーカー行為等の規制等に関する法律」。
ストーカー被害にあわれている場合は、ストーカー規制法を適用できる証拠をそろえ、警察に刑事事件として動いてもらえる状況を作ります。

  1. つきまとい、待ち伏せ、見張り、家に押し掛けるなどして、相手に不安を与える
  2. 行動を監視していることを告げるなどして、相手に不安を与える
  3. 面会、交際等相手に義務のないことを要求して、相手に不安を与える。会ってほしいと要求する。
  4. 暴言や乱暴な行動をして、相手に不安を与える
  5. 無言電話や、相手が拒否しているのに連続して電話をかけたりFAXを送ったりする。相手が嫌がっているのに、電話を執拗にかける。
  6. 汚物や動物の死体を送るなどする
  7. 名誉を害するようなことなどを言う
  8. 性的羞恥心を害することを言ったり、文書や写真を送るなどする
    (※2013年7月公布・10月から施行の改正ストーカー規制法ではこれらに加え、嫌がる相手に執拗にメールを送信する行為もストーカー行為として、規制の対象になりました。)

ストーカー規制法全文はこちらをご確認ください。


【DV防止法】

DV防止法とは?
夫や恋人からの暴力を防止することを目的とした法律となります。
正式名称は「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」
平成13年(2001)4月成立。
DV被害にあわれている場合は、DV防止法を適用できる証拠をそろえ、警察に刑事事件として動いてもらえる状況を作ります。

1、経済的暴力

  1. 生活費を著しく制限したり与えない・無計画な買い物や借金を繰り返す・家の金を持ち出す・仕事を制限する

2、社会的隔離

  1. 電話や手紙の相手や頻度を制限する・近親者を実家や友人から隔離する・外出を制限する

3、身体的虐待

  1. 衛生を省みない(掃除や洗濯を怠る)・粗末な食事や不健康な食事を頻繁に出す・食事を制限したり与えない・必要な冷暖房や衣服を差し控える・必要な医療を差し控える・物理的な暴力行為をする

4、心理的虐待

  1. 終始行動を監視する・電話やメールなどの通信履歴をチェックする・精神的に負担となる行為を意図的に繰り返し行うなど

5、性的虐待

  1. 過度に嫉妬する・性的必要を省みない(性交を差し控える)あるいは逆に性交を強要する・恥辱的あるいは不道徳な行為を強要する・性器や性的能力について侮辱する・妊娠中絶をさせない(中絶賛成派の場合)

DV防止法全文はこちらをご確認ください。



2つめのポイント:集めた証拠を警察に刑事事件として提出

1つめのポイントで、相手との交渉を行うことが危険だと判断した場合は、集めた証拠を刑事事件として警察に提出します。証拠が揃っていますので、警察も刑事事件として動いてくれます。

ただ、ストーカー被害の場合は、初回は警告のみといったケースがよくございますので、確実に解決へと結びつく住居侵入や脅迫メールや電話、器物損壊、暴力行為の立証などの証拠を集めることが非常に重要となります。

DV・ストーカー対策の料金について

DV・ストーカー対策の料金は、ご相談内容によって調査方法、料金が大きく違ってきます。
そのため、料金についての目安をご提示する事ができませんので、あらかじめ、ご了承下さい。
ただ、DV・ストーカー対策の料金については極力ご依頼者様の負担を軽減し、調査の方法や状況も随時ご依頼者様にご連絡させていただき、一番ベストなプランをご提案させていただきます。
DV・ストーカー対策は、時間との勝負になります。
状況を詳しくお聞かせいただき、対策や解決方法のご提案、料金についてお見積りをご提示させて頂きます。


ストーカー・DV対策のお電話でのご相談はこちら


メールでのお問い合わせはこちら

ストーカー・DV対策のご依頼の流れ

1.電話・メールにてお問合せ
まずは、0120-396-783にお電話いただくかお問合せフォームよりお問い合わせください。
ご相談者様の個人情報やプライバシーに関しましては秘密厳守を徹底しておりますのでご安心ください。
ストーカー・DV対策のご相談は無料となっておりますので、どんな些細なことでも結構です。まずはお気軽にご相談ください。



2.面談
ご依頼者様の御都合をお聞かせいただき、ご相談者様のご指定場所にてお会いして、詳しく状況などをお伺いします。
その際に、ストーカー・DV対策の目的、調査対象の情報(写真、勤務先など)、その他どんな些細な情報でも結構ですのでお聞かせください。
お話を伺い、さくら探偵事務所静岡支社の調査員がご相談内容に合わせたストーカー・DV対策の方法やプランをご提案いたします。
ご相談は無料となっておりますので、ご相談者様のご納得のいくまでご遠慮なくご相談ください。

【ご注意ください】
面談はご予約制となっておりますので、必ず事前にお問合せ下さい。



3.お見積り
ご相談内容を基に適切な対策・ストーカー・DV対策の方法をご提案させていただき、お見積りさせていただきます。
お見積りの作成で追加で料金が発生する事は御座いませんのでご安心ください。



4.ご契約
ご提案したストーカー・DV対策の内容とお見積りにご納得いただきましたら、重要事項説明書、契約書や秘密保持契約などの書類を締結して初めてご契約となります。
ご契約は、公安委員会指定内容の契約書にて法律に基づいて行います。
ストーカー・DV対策の開始は、ご契約成立後となりますので、あらかじめご了承ください。



5.調査
ご相談いただいた内容とご提案させていただきました対策やストーカー・DV対策方法に合わせた調査を実施致します。
調査などの状況などは必要に応じてご連絡差し上げます。ご相談者様に状況をご確認頂き、さらに調査を進めます。



6.ご報告
ストーカー・DV対策等の結果のご報告は、報告書(書面)にてご報告させていただきます。
報告書は裁判資料として提出可能な形式でお渡しいたします。報告書の作成料金は、お見積り時の料金に含まれておりますので、別途追加料金が発生するという事はございませんのでご安心下さい。



7.ストーカー・DV対策完了後のフォロー
ストーカー・DV対策調査の完了後も無料で法律相談などのフォローをさせていただきます。
ご希望の場合は、弁護士・司法書士・行政書士のご紹介も可能となっておりますのでお気軽にご相談下さい。

ストーカー・DV対策を探偵にご依頼をお考えの方へ

ストーカーやDVは、刑事事件と認められないと警察は動くことができません。
だからと言って、事件が起きてからではすでに遅いのです。 被害を受けている方が誰にも相談できず最悪の結果に発展するケースも多くございます。

ただ、そういったことを未然に防ぐために、警察が動けるよう法改正も進んできておりますが、それでもいまだに被害が後を絶ちません。
当探偵社では、アフターフォローもしっかりとさせていただいておりますので、お一人でお悩みを抱えず、ご相談は無料となっておりますので、まずはご相談ください。


さくら探偵事務所 静岡支社は365日24時間いつでもご相談をお受けしております。
お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら

さくら(396)探偵事務所静岡支社へお悩み(783)をお気軽にご相談ください






当社がお受けしない調査
当探偵社では、差別に関する調査、犯歴・戸籍謄本・住民票・電話番号・自動車ナンバー等からの個人の特定、及び個人情報の不正入手は致しません。
静岡県公安委員会 第49172950号
ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。