皆さま、いつもありがとうございます。

静岡県の探偵 さくら探偵事務所相談員Oです。

弊社は24時間ご相談を受け付けておりますが、

ご相談の中で多い内容が、

不倫した側から離婚って切り出せるのか?

というご質問をよくいただきますので、お答えさせていただきます。

不倫した側からの離婚請求でできない場合

不倫した配偶者からの離婚請求は受理されない場合がほとんどです。

協議離婚の場合

協議離婚とは、夫婦が話し合って「お互いに合意」すれば離婚が成立します。
世の離婚の9割が協議離婚だと言われています。
協議離婚の成立条件は

  • 夫婦が離婚に合意すること
  • 届け出(離婚届)を提出すること

の2点になります。
なので、自分が離婚したくないと思えば離婚に同意をしなければ離婚をする必要はありません。

不倫した相手からの離婚請求ができない場合

以下の3つを全て当てはまらない限りは離婚ができません。

  • 相当な期間の別居
  • 経済的に自立できない子供がいない
  • 相手方配偶者が精神的・社会的・経済的に過酷な状態に置かれるなど著しく

社会正義に反する特段の事情の不存在
相当期間の別居とは、短い期間でも8年ぐらいで基本は10年以上が目安と言われています。
つまり不倫をして離婚をしたい場合は、そこから10年間別居生活を行う必要があります。
かなり厳しい条件となっており、特に1つ目をクリアできる人がなかなかいないと言われています。
厳しい条件を達成することがほとんどないので、離婚をするのは難しいでしょう。

両者がどちらも有責配偶者の場合は離婚の条件がゆるくなる場合も

有責配偶者とは、婚姻関係破綻の原因について主として責任のある配偶者を指します。
例えば、妻が不倫をしていて夫がDVをしていた場合は
どちらも有責配偶者であり離婚の条件がゆるくなります。

不倫をされた証拠が必要な場合は

さくら探偵事務所静岡支社へ

不倫をされたけど配偶者と離婚したくない場合や、不倫に対する慰謝料などが必要な場合は
「不倫をした確実な証拠」が必要となります。
不倫や浮気のご相談は、さくら探偵事務所静岡支社にお気軽にご相談ください。

0120-396-783

おすすめの記事