皆さま、こんばんは。

さくら探偵事務所静岡支社の調査員Kです。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は台風15号が静岡県に接近しております。皆さんお気をつけてお過ごしください。

本日はご質問いただきました、慰謝料請求につきまして皆様にお話したいと思います。

不倫相手に収入があり、不倫が立証される証拠さえ入手すれば当然の事ながら、不倫相手へ慰謝料を請求し支払ってもらう事ができます。

ご質問をいただいた中で、不倫相手が無職やフリーターの場合は、慰謝料請求が出来ますか?とのご質問をいただきましたのでお応え致します。

皆さまも気になるご質問ではないでしょうか?

まず、日本の法律の解釈から、お話致しますが、「無い袖は振れない」です。

基本的には、が無い不倫相手への慰謝料請求は支払ってもらえない可能性が高いです。

ただ、慰謝料請求は不倫相手の収入が無かろうと請求すること自体は可能なので、遠慮なく行使しましょう!

しかし、もし裁判になった場合、相手の収入も考慮されて慰謝料の額が決まる為、思った通りの金額を支払ってもらうのは非常に困難かもしれません。

ですので、不倫相手と示談で済ませた方が、かえって多く慰謝料を払ってもらえる可能性がありますので、不倫相手の職業等も把握してから、動いた方がいいかもしれませんね。

それでは、何かありましたらお気軽にお問合せ下さい。

0120-396-783

おすすめの記事