皆さま、おはようございます。

静岡県の探偵 さくら探偵事務所静岡支社の調査員Sです。

よく、不倫調査のご依頼者様やご相談者様より、どの様な証拠が決定的な証拠になりますか?とのご質問をいただきます。

証拠といっても、どこからが不倫、浮気なのか人により考え方は様々かと思いますが、例えば、

旦那が他の女性とプライべートで食事をしていたら不倫と考えるのか?

他の女性とラインで性的なお話をやりとりしていたら不倫と考えるのか?

人により考え方は様々かと思いますが、我々は法的な考え方で不倫かどうかを判断致します。

不貞行為を証明できる証拠が取れるかどうか。

つまりは、慰謝料請求を出来る確固たる証拠を撮影し証拠として残すことが必要となってきます。

よく、ご相談者様でパートナーが不倫相手と思われる方とやり取りしているラインのスクショや2ショット写真を提出されるご依頼者様もいらっしゃいますが、これらの写真は裁判においては強い証拠とはならない場合がほとんどです。

では、どういった証拠が強い証拠となるのでしょうか?

まず、裁判で証拠として認められる可能性が低い証拠について

不倫相手との日常的な通話記録やラインのやりとり。

不倫相手との2ショット写真。(但しラブホテル内で撮影されたとされる様な写真は除く)

クレジットカード明細やレシート(不倫相手へ渡したと思われるプレゼントや旅行代金2名分等)

次に裁判で不倫が認めらる強い証拠について

性行為を行っている写真や動画。

長時間(2時間以上)不倫相手の自宅やラブホテルに滞在している事がわかる写真や動画。

数回証拠として撮影できれば強い証拠となる。

上記については個人で証拠を得るのはかなりハードルが高いかと思います。

個人で無理にでも証拠を取ろうとしてバレてしまったり、最悪の場合は、パートナーからプライバシーの侵害行為で訴えられてしまう可能性がありますので、充分にご注意下さい。

だからこそ、我々の様な調査会社が存在する事を忘れないで下さい。

貴方が新しい人生の一歩を踏み出せるように我々は全力を尽くして依頼者様の為に最善を尽くすのみです。

それでは何かありましたらお気軽にご相談ください。

さくら探偵事務所静岡支社

0120-396-783

 

おすすめの記事