みなさま、こんばんは。

静岡県の探偵 さくら探偵事務所静岡支社の調査員Sです。

いつも、当探偵事務所のブログをお読みいただきありがとうございます。

本日は、ご相談時にご質問が多い、離婚に伴う慰謝料請求の相場についてお話をしたいと思います。

結論から申し上げますと、慰謝料金額に明確な基準はありません。

基本的に基準や制限がないため、いくらでも請求をすることが可能です。

しかし、あまりにも相場から掛け離れた金額を請求してしまうと、相手に支払い能力がない場合など、円滑な支払いが実行されないケースもあります。

そうなると、裁判を起こすことになり、却って余計な費用を負担しなくてはなりません。

余計な費用や、長い時間を要してしまわないように、ある程度の慰謝料相場を知っておくことが非常に大切です。

個人の状況によって内容は異なるので、慰謝料の金額にはバラつきがあります。

不倫が原因の場合、相場としては50万円~300万円と幅があり、平均金額は200万程と言われています。

しかし、200万円程を請求すれば成功する、というわけではありません。

一方に責任が重いほど、慰謝料金額も上がりますし、両者にそれなりの責任がある場合、低額になるか、そもそも慰謝料請求が難しくなります。

では、一体どのような場合に慰謝料金額が高額になるのでしょうか?また、低額になってしまうのでしょうか?

大きく分けて5つの項目があります。

 1、職業や収入

2、年齢

3、結婚期間

4、子供の有無

5、離婚が原因となった不倫の内容

相手の収入が多ければ、それだけ支払い能力があると判断される為、慰謝料金額が増額する可能性が高くなります。

逆に、相手の収入が少ないほど、払えない金額を請求しても意味がありませんから、慰謝料金額が低額になることが考えられます。

ですので、離婚をして慰謝料を請求するには、相手の過失がどの程度なのかを確かめる事が大切です。

離婚をするきっかけの大半は、不倫が原因であることが多いので、まずは我々のような調査会社にご相談してみてください。

当探偵事務所では、調査後、必要に応じて弁護士事務所も無料でご紹介をさせていただいております。

それでは何かありましたら、お気軽にご相談ください。

さくら探偵事務所静岡支社

0120-396-783

 

 

おすすめの記事