皆様こんばんは。

静岡県の探偵 さくら探偵事務所静岡支社の調査員Sです。

いつも当探偵事務所のブログをお読みいただきありがとうございます。

さて、本日は所在調査の料金相場についてお話ししたいと思います。

コロナの影響で、自粛により経済にも大きな打撃があり、様々な業界においてリストラや雇止め等の人員整理が行われております。

その結果、金銭トラブルによるご相談も6月は例年以上に寄せられております。

「友人にお金を貸したが行方がわからなくなった。」

「家賃滞納で厨房機器もそのままで店主が夜逃げした。」

「職を失った彼氏にお金を貸したら連絡が取れない。」

「彼氏にお金を貸した後に浮気が発覚しその後、連絡が取れない。」等

この様な時に警察や弁護士にご相談される方も多いのではないでしょうか?

もちろん、警察に被害届が受理されるかどうかは別として相談に行くことは大切です。しかし、警察が所在調査を行うことが出来るのは犯罪の可能性がある場合と緊急性がある場合に限られます。

また、弁護士は事件やトラブルを解決するという使命がありますので、弁護士照会という特権を使用すれば、依頼案件や事件をトラブルとして判断し裁判の為に必要と認めた場合に申請を行うことで、個人の住所を知ることが出来ます。

「裁判も辞さない」とういう考えであれば、最初から我々調査業ではなく弁護士にご相談される事をおすすめ致しますが、弁護士費用や裁判費用の事を考えれば、当事者との話し合いや、お金の事をクリアにしてまた元の人間関係に戻りたいと思う方は得策ではありません。

また、夜逃げや行方がわからなくなった対象者が、夜逃げ先でどの様な生活をしているのか、弁護士には調査業のような尾行や張り込みは出来ません。

その辺もよく考えて検討したほうが良いかと思います。

調査会社により、データベースの保有量は異なるかと思いますが、最近は情報のデータベース化が進んでいるため、データによる調査でもかなりの事がわかるようになりました。

また、調査対象者の関わりのある車両のナンバーから所有者の情報を突き止めそれを手掛かりに調査を行う方法もございます。

依頼料金の相場は50万~80万くらいが多いのではないでしょうか?

当探偵事務所では、出来るだけ無駄な調査経費を削減し効率的、効果的な調査プランをご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

さくら探偵事務所静岡支社

0120-396-783

 

 

おすすめの記事